スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ミラクル?
2009-10-16 Fri 10:14
最近、あまり鳴らない携帯に着信あり。

LOOPの凄腕、おみつさんからだ。
ベイトチェックに余念がない彼のことだから、イワシ情報でも頂けるのかなって思いながら電話を取る。

お:「オークさん、○○○で、赤いのが釣れてるんですよ」
オ:「ああ!あそこですか、居るって情報は入って来てたんですが、ほったらかしで行ってませんでした」
お:「なかなか好反応ですが、何日持つか分かりません」
オ:「出来るだけ早いうちに行ってみます、ありがとう」

ってなことで、翌日、件の波止へ。

駐車場に車を乗り入れると、見慣れた車が!
おみつさんの愛車である。 どうやら先に来てやってるみたい。
波止に目をやると、堂々とした体格のアングラーがいる。

あの体型は、おみつさんに間違いない(笑)

最低限のタックルを手に、おみつさんの所へ。
なんと、同行のアングラーさんが、赤いのランディングしたばかりでした。

なかなかの良型。 

潮はこれから込みで良くなる!
期待に胸が膨らむ(笑)

ルアーをチェンジしながら、色々試してみるが反応なし。
おみつさんのご友人は、こぞってワームを使ってるのだが、これがなかなかエグい釣果を出してる (-。-;)

マゴチ、赤いの、シーバス・・・

いいのよ、俺は“ハードルアー”で釣りたいんだから、と強がってみる。



2時間ほどがあっという間に過ぎ、予定の会合時間が迫る。
そろそろ納竿だな・・・と思いながらも“最後の1投”が、数回(爆)

隣で赤いのが揚がって、ほどなく、俺にもHIT!!!

ゴンゴンゴン!と、真鯛特有の頭の振り方♪
トルクのある引きを楽しみながらも、波止に座ったまんま、余裕のやり取り。
真鯛なら慣れたもんだと思った瞬間、真横に走り始めた[m:79]

こいつ、真鯛じゃない・・・元気のいいシーバスかよ~ (ーー;)

なんて落胆しつつも、ラインブレイクを防ぐために重い腰を上げた。

おみつさんがランディングネットを構えてくれてる方向へ、更に魚が走る!

と、ドラグが“ジィーーーー!”

「こいつ、シーバスじゃない! 青物だ!!」と隣のお二人。

慎重にポンピングで寄せてみると、良型のハマチが姿を見せた。
何度もタモを嫌って、なかなか取り込めないが、おみつんさんが手慣れた動作で無事取り込んでくれた。

揚げてみると60cmを超えた程度だったが、イワシをたらふく食ってるのだろう、カツオにも似た丸々した魚体だ。
ジグミノーを丸呑みにして、最初は走れずにいたんだが、やり取りするうちにフックが顎に掛った様子。

CA3E0047_2.jpg

CA3E0046.jpg


おみつさんに撮影をお願いし、ハマチを片手で持ち上げるとテニス肘に痛みが走る。 結構な重さだ。

ホゲ釣行を覚悟した俺に、微笑む女神さまも居たみたい^^

気分上々で、会合へ持ち込み、急ぎ“造り”にし、皆さんと一緒に頂いた。
身が締り、最高に脂が乗って、今まで食べたハマチでは一番旨かったような♪



ランディングetc、おみつさんには大変お世話になりましたm(_ _)m




次は赤いの釣りたいなぁ・・・と、秋と釣欲は深まるばかりです(笑)

※タックルデータ
  ロッド:オリムピック ヌーボカラマレッティ832M
  リール:シマノ セフィアCI4 3000SDH
  ライン:ファイヤーライン0.8G
  リーダー:フロロ12LB
  ルアー:ダイワ オーバーゼア
別窓 | ショアジギング | コメント:10 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
着々と・・・
2009-08-13 Thu 22:42
進行中。

CA3E0025.jpg

mixi にアップしたら、オツマミ??なんて勘違いされたり(笑)

先の大鯛釣った後だから? あちらこちらから「鯛ラバちょうだい!」なんてメールが届く。
親しくさせて頂いてる数人に送ったら、自分のが無くなっちゃったこともあって、せっせと内職。

2、3度の釣行には十分な数を作ったところで、レオン師匠からミッション発令!
「色んなカラーを試してみたいから、オークさん作ってよ!」と。
もちろん、二つ返事でお受けして、せっせとネクタイをカッティング。
歳のせいか、少々肩がこりました(笑)

作るにあたって、何か組み合わせに屁理屈が欲しい・・・
絵の好きな娘に「綺麗に見える組み合わせって無いかな?」と、聞くと「光の三原色から、補色を組み合わせると綺麗だよ」って。

なるほど・・・違和感も少ない気がするしね。

師匠から届いたラバー、色が多くて補色だけの組み合わせばかりと言うわけにもいかなかったけど ^-^;

CA3E0024.jpg


仕上げに鯛オモリを着色し、発送予定。

            検証結果が、とても楽しみだなぁ♪
別窓 | ショアジギング | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ショア初!
2009-07-22 Wed 14:28
7/17 PM5:30 ショアから初めて獲った真鯛。

生涯忘れ得ないメモリアルフィッシュ・・・
これを機に、ブログなんぞ始めてみようかと ^-^;

ブログのイジり方も手探り状態なんで、お見苦しい点も多々あるかと思いますが、宜しくお付き合い下さいな。





以前から真鯛生息エリアとして目を付けていたポイント。

ずっと、ショアから狙ってみたいと思いながら、未経験の釣りゆえ、皆目見当のつかないままに数回チャレンジし、諦めかけていた。

先日、所属するTeam Keepのチャージ兄貴にお誘いを頂き、二度目のオフショア(船)鯛ラバへ出かけてみた。
数か所をランガンしながら、真鯛の着きそうな潮流など、条件をある程度把握!(したつもり)
お陰さまで60アップを頭に、4枚のマダイを釣ることが出来、最高の気分で帰宅。

オフショアでは満足の行く釣果が得られたのだが、欲深い俺の脳裏にショアでの真鯛が見え隠れし始める(笑)

数日前に、チャージさんがショアから狙って獲った真鯛が気になって仕方がない。
前回、オフショアで4枚獲った真鯛はチャージさんが時間を掛け、苦労して探し当てた好ポイントでの釣果。
最高に楽しい思いをしたのだが、釣らせてもらったというのが正直な感想。

ならば、自分自身のポイント、オリジナルリグでやってみようじゃないの! と、言うことで、仕事の打ち合わせを終えた帰り道、ポイントへ。

満潮前ではあったが、まだ潮は生きている。
早速、前回オフショアで成績の良かった自作鯛ラバをキャスト。
しかし、何度キャストしてもノーバイト、そろそろ潮も緩んでくる・・・
しばし、ワインドリグでメバルと戯れ、下げの潮が効いてくるのを待つ。

20cm以下のメバルを釣ってはリリースするうち、潮の流れが変わってきた。

チャージさんがショアマダイをゲットしたのも、込みから下げに入る潮を粘り強く攻めた末の釣果だ・・・

    そろそろ、チャンス到来か?

すぐに鯛ラバに切り替え、潮上から刻みながら巻き上げを繰り返す。
正面あたりにキャストし、リトリーブを開始すると霞めるような僅かなアタリ。
超ショートバイトだったので、魚の正体は分からないが、期待を込めて、次のキャストに移る。

ラインスラックを取り、着底の瞬間を逃さずリトリーブ開始。

15,6回の巻上げに反応なし、間髪入れずにフリーフォール。
再度、着底を確認した瞬間にリトリーブ・・・
ハンドルを4~5回転させたその時、「コココッ」と明確なバイト!

明らかに真鯛のバイトだ!   しかもデカい!?

・・・・瞬間、ティップからベリーまでが、ひん曲がり、次の締め込みでバットが悲鳴を上げる。


しかし、ここは前回の鯛ラバ釣行での経験が生きた。 
60アップの真鯛を釣り上げた時のドラグの調整はそのまま、リーダーも新しく組みなおして、普段なら一重に通すスナップも二回くぐらせてある!

余裕をかまして対処するつもりだったが、二回目の締め込みに不安を掻き立てられる。

「デカい・・・もしかすると、獲れないかもしれない」

ラインシステムは、PE0.8号、10Lbリーダー・・・
得体の知れないコイツには無謀すぎる番手だと直感!

バットエンドを肘にあてて耐えるが、きつめに設定したドラグが「ジィイイイイイーーーー!」と悲鳴を上げる。
今にも煙が上がらんばかりに・・・
誇張ではなく、数秒間にわたってドラグが出っぱなしなのだ。
片手では対応出来なくなり、左手でバットを支えながら耐える。

リールシートが軋みながら、獲物との綱引きが続くが、いつまでも弱る気配がない・・・

何度も、何度も繰り返すうち、「こいつ、ひょっとしてエイなのか???」と落胆にもにた思いがよぎるが、正体を見るまで、諦める訳には行かない。


   真鯛なら、間違いなく ランカーなのだから。


やり取りを繰り返すうち、ポンピングで、ほんの僅かながら寄せられるようになってきた。

竿先を叩く感じは・・・・・やはり真鯛。

かなりの時間を要したが、ようやくライン角度もきつくなってきた。
もうじき顔を拝めそうだが、波止の近くにはウィードや小さな根もあり、それを思うと、冷や汗の滲む思い。

「もしバラしてしまったら、真鯛なら悔やんでも悔やみきれないサイズに違いないな」

そんなことを思いながら、慎重に距離を縮める。

魚が、波止から払い出す潮に乗ろうという時、かすかに翻る影が見えた。

「デカい、小さなザブトンほどもある。 やはりエイか!?」

気落ちしかけた次の瞬間、はっきりと魚影が見えた。

「真鯛! しかも、ランカーサイズの老成魚だ!!」

魚から目を離さぬよう、膝を落としながら震える左手でメバル用のランディングネットを取り、魚がこちらを向いた瞬間、ネットを入れると、巧く頭が入った。

すかさず海面から引き揚げようとするが、ランディングネットのシャフトは今にも折れそうだ。

潮流も効いて来て、モタモタしてるとバレかねない。

ここは、一か八かで引き揚げた。

波止の上に「ドタッ」という音と共に、横たわった魚体。


紛れもないランカー・・・

CA3E0014 2

090717_1703~01


ジャスト80㎝! 

ショアからのサイズとしてはモンスターと言って良いかも知れない。

波止に居たサビキ釣りのオジサンも思わず駆け寄ってきて「こんなデカい鯛は見たことがない!ここらへんに、こんなのが居るんだねぇ・・・」と目を丸くされていた。
後で気付いたのだけど、上部がワイヤーになってるタモ枠は、伸びて変形してましたわ ^-^;

〆た後、エラ・血抜きをし、内臓を綺麗に取り去った状態で7キロ半ばもありました!

持ちこんだP岩国店で「恐らく9キロ位あったでしょう」と言われて二度びっくり(笑)

80ランカー2


ショア初の真鯛が、こんなスーパーサイズとは、いささか出来過ぎだね(笑)

こいつが獲れたのも、釣友のチャージさん・ライド君のアドバイスあったればこそ。

嬉しいのは勿論だが、ヒントを与えてくれたお二人に感謝の気持ちを込めて報告をさせて頂きました。  


               心から、ありがとう!


※タックルデータ

 ロッド :オリムピック・ヌーボカラマレッティ832M
 リール :シマノ・セフィアCI4 3000SDH
 ライン :PE0.8号(8braid)
 リーダー:フロロカーボン10LB
 ルアー:オリジナル鯛ラバ
別窓 | ショアジギング | コメント:46 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 月の滴 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。