スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
昨夜の釣果。
2010-04-30 Fri 10:57
ってなことで、行って来ました。



現地到着の時点で、予報どおり3m程度の風、月は雲に隠れてる。

何とかなりそな気配♪

まだ潮も低いので、ボトム用のリグをセットしキャスト。
何度通しても、お魚さんとの接触事故は起こらず、全て無事回収(爆)

夜は長いぜ・・・と、7gのメタルを結び、まだ慣れないこのポイントのボトム状況を探る。
思ったより根の荒いところもあったりと、ある程度、把握出来たような。

そうこうしてるうちに潮も上がって来たと喜んでたら、雲間から、お月さんがまん丸に顔を出した。

一面に銀紙を浮かべたようにキラキラと・・・

海面の小さな浮遊物から表層の小魚まで、無灯火で確認出来る状態 (ーー;)


水中を観察した限りでは、小型だが浮いてるメバルも少なくない。
ごく稀に、アメンボが動く程のライズが確認出来る・・・・・何とか釣れちゃう?

サブサーフェス~トップで、出るんじゃないの?と投げ倒すが、10数投に一回程度の超ショートバイト。
風も強まり、5m以上は吹いてきて、体が冷えてグリップを握る手も固くなる。
意識して手の力を抜いておかないと、弾いてしまい、フッキングには至らない。



ロッドを振ること4時間・・・

バイトは、ある程度あったのだけど、その殆どがラインと海面の接点に出たもの。
フッキング出来た奴は、デッドスローで巻いて、ストップというパターンにのみにバイト。
小移動を繰り返しながら、オチビさんをやっと7、8匹(涙)


あまりに渋いんで、普段は狙わないシー様を意識してルアー交換を繰り返したが、ライズも無ければ、バイトもない。
ときおり顔を見せるコウイカを「ナオリー改」で誘ってみるが、ゆっくり接近させた時点で沖へ逃げてく始末。


ならばと取り出したメタルジグ、捨石際のブレイクで、ようやく20cm手前を3匹。
ラインを見てなきゃ取れないような食い方でしたわ。

20アップは「ゼロ」、さすがに気持が折れて納竿。


※教訓
・月夜の晩にトップゲームなどと愚かな妄想は抱かぬこと!
・天気予報は、話半分と心得ること!
・2gのルアーに4lbフロロは向いてないやろー(自爆)



●結局は、良型ゼロ・・・素直にホゲたと書けっちゅーの(≧▽≦)
スポンサーサイト
別窓 | めばるing | コメント:16 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 月の滴 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。